引越しと恋愛

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は暴飲暴食しかけてしまいました。ストレスを抱え、感情的に御飯を食べたのです。今も結構、苦しいです。お話は、始めから書いていきます。結果的に私は驚きの連続だったのです。
引越しとは希望を持って新たな地へ向かうこと。逃げの姿勢では、なんとなく違うと思っています。図書館に置いてあるような本には書いてない内容を私は書きたいと思っています。こんな私でも、プロ意識を持って毎日ブログを書いています。ネタ集めは、365日です。やりがいを感じているので、やたらな文字は並べてません。どんなことだってネタに帰られます。真似ではなくオリジナルが面白いってこと、十分に気がついています。だからこそ、私は家にこもらず外の空気を吸いに出るタイミングは少なくないです。引越しは何度も体験しています。Aのエリアは山がない環境でした。Bのエリアは山の麓でした。そして、Cのエリアでは動物園が近くにありました。最後、Dエリアに引越した結果、そこが駅に最も近い住まいでした。
たった40年で、すでに4箇所も住み心地を比較しています。今と同じペースで生きてしまえば、経験地は確実にアップさせられます。引越しの話も面白いけれど、男女関係の話も書きたかったのす。そろそろ眠いので、全てを書ききれないけれど、会いたい人に何日もあえない日々が続くってことは、本当につらいことです。そうなることが予めわかっていたなら、私の側からから敢えて距離を置きたかったのです。もう会わない!そんな言葉は好まないけれど、引越しをきっかけに断りなく姿を消してしまう人の事とか想像してしまいます。
文章がちぐはぐで、まとまりが悪くなってきましたが、言いたいことは引越しと恋愛のWテーマです。お引越しするならば、計画性をキッチリと極めよ!と私は言いたいのです。人と人のご縁は、大切にすべきなのです。次回必ず会える約束なんて、あり得ないのです。お話でき瞬間とか、けっこう尊いってことを最近の私は学んだのです。